http://kuragebk.blog59.fc2.com/ に移転しています。海月文庫
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古本屋はやっぱり面白い!
091111b.jpg
東北の郷土史を整理中の毎日。南方熊楠のように市井のスゴイ郷土史家は沢山居る・・・郷土史家と云えば以前、「この著者誰?」と聞かれ「郷土史家だろう」と云うと「どこの歯医者?」と云われた事を思い出した・・・嗚呼恐るべし古本屋の娘!!!ちなみに、江戸時代・明和元年(1764年)の11月11日弘前のお天気は「曇り」だったそうです。詳しくは、古本屋日記で。
091111a.jpg
昨日書いた、堀尾さんの紙袋。あんまり可愛いので、ヤッパリ写真撮りました。
091111c.jpg
瓢吉庵油坊主さんにもろた、馬鹿でかい檸檬。以前レモンって「間抜け」と云う意味があるって聞いた事があるけど・・・何で???と疑問だったが、それが氷解した間抜けな大きさだった。おおきに。

★次回海月文庫作品展:「詩と版画がもたらしたモノ」8人による自由な表現11月19日(木)?24日(火)西尻幸嗣・椿和生・木村志保子・つよしゆうこ・こしだミカ・堀尾貞治・岸田真理子・畦地あつ&森下ヒバリ
★同時開催:「勝手に架空社展」架空ではなく、本当にある出版社の絵本展示販売。大型本・小川未明シリーズをはじめ、こしだミカさんと架空社社長お勧めの絵本です。

タウンポート祭り「干支イラスト・寅」まだまだ受け付けています。葉書サイズ2枚以上10枚以内。
海月文庫までヨロシクね!年末のインターネット投票で一位賞金をゲットしよう!





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。