http://kuragebk.blog59.fc2.com/ に移転しています。海月文庫
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンナ「あ」の災難
kobako
↑画像は当店アートスペースでの「小箱展」のワンシーン(のこぎり奏者のしょうゆサン)今回記事とは無関係。

最近月一度、体調管理とメンテナンスの為にYさんに在宅鍼灸してもらっている。古本屋は腰を痛めるのだ。布団の上で患者3人でゴロゴロ・深々とグッタリしていると、階下で犬のブンがエラク吠えている・・・何事かと耳を澄ますと、外で「おーい」「コンバンワー」「おーい」と女性の声がする。鍼(ハリ)だらけで直ぐに動けない。やっとの思いで玄関にたどりつく。声は「開けてー!」「○○○さーん」とうちのダンナの名前を連呼している!チャイムを押しても返事が無い、でも外に見知った車も停まっているし人の気配はする!いったい家の中で何が起っているのだろう???と確かめずには居られない好奇心一杯のM恵ちゃんがドアの外に立っていた!近所の人は多分、ダンナの彼女が乗り込んで来た・・と思った筈。翌朝「あ」は御近所の奥さん達からニッコリと挨拶してもらったらしい。トホホ・・・「ミケ」記
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。